一緒にハワイに来た某社社長!が「牡蠣が食べたい!でも遠いのは嫌だ」とのことでネットで見つけたヘリンボーンワイキキへ。社長!はその昔、初めて食べた生牡蠣に中ったことがあるにも関わらず牡蠣が止められないほどの牡蠣好き。その社長!曰わくハワイで食べる牡蠣が日本で食べる牡蠣よりも断然美味しいとのこと。

ヘリンボーンワイキキはインターナショナルマーケットプレイスの中にあるので、ワイキキの中心からほど近いです。

 

まあとにかく牡蠣がすげーうまいです。確かに日本のオイスターバーで食べる生牡蠣よりうまい。正確に言うと、日本のオイスターバーで出てきた牡蠣の中でこれは特にうまい!って言うレベルの牡蠣だけが出てくる感じ。いくつかソースもついてたけど、そんなの使わずにレモンだけ絞っていただきました。3人で行ったんだけど最初に10個、追加で30個の計40個。一個6ドルなのでそれだけで240ドルなりー

 

もちろん他のものも美味しくて、エビもうまいしロブスターなんてもう。。。ロブスターってちゃんとした店と、ちゃんとしてない店で味が全然違いますが、ここのはちゃんとしてます。味付けも日本にはない感じのスパイスが効いたやつ。これがうまい。

 

パパイヤサラダはデザイン性重視か?空白が多い意識高い系(笑)。でもうまい。

 

ホタテのグリルもうまかったけど、まあ想像の範囲内。

 

とにかくですね。重複しちゃうけど、生牡蠣が超絶品!3人で40個、ひとり13個ぐらい食べたけど本音を言うともう少し食べたかったぐらい。ロブスターもエビも、是非ともまたお会いして、これからも末永くお付き合いしたいと思っています。残念ながらカニは一本しか無かったので社長!に贈呈。次回、出会いがあれば是非ともよろしくお願いします。

 

シャンパンと白ワインを一本づつ空けました。美味しんぼの山岡先生や海原雄山大先生は生牡蠣にはワインは合わない!とか言ってるけど、そんなの嘘だね。全然合います。ワインは魚介類の生臭さを消さない!とか言ってたけどそもそも牡蠣が生臭くない。生牡蠣と白ワインのランデブー、そしてロブスターとのマリアージュ。素晴らしいです。美しいです。芸術的ですらあります。とにかく大満足の夕食でした。

ちなみにお会計はチップ込みで550ドル。件の社長!にご馳走していただきました。さらに詳しくは語れないけどビジネスの話、さらには人生と生き方の超濃い話をしてくれて、気がついたら5時間半も店にいました。社長!ご馳走さまでした!お話を聴けただけでも貴重な体験なのに、食事までご馳走になっちゃいまして。本当ならこちらがご馳走すべきでした。本当にありがとうございます。出来ましたらまたよろしくお願いします。

 

今回は調子に乗って牡蠣を40個も頼んじゃったからこの金額だけど、上手に頼めばそこそこ普通の金額で楽しめると思います。ワイキキ価格を考えるとあのレベルのシーフードなら十分満足できると思いますよー